くすりエクスプレスについて

初めて個人輸入を使用と検討している方にオススメなのがくすりエクスプレスです。処方箋などなしで海外から薬を取り寄せることができ、また販売している価格も日本で購入するよりも安いことなどが人気の秘密です。

 

 

海外からの送料を考えても、日本で購入する金額よりも安く済むのは信じられないかもしれませんが、それほど海外の医薬品を進んでいて、安い価格で流通しているのです。

 

くすりエクスプレスで取り扱われている薬は、どれも日本の個人輸入の制度で適用されているものばかりですので、安心して商品を選んでください。

 

ただし、くすりエクスプレスで購入した商品を他人に譲ったり販売したりすることは禁止されています。また、購入した商品が原因で起こった事故などはすべて注文者が責任を置くこととなっており、くすりエクスプレスはどのような保証も行ってはくれません。

 

このように国内の通販とは違い、個人輸入独特のリスクが付きまといますが、それでも日本国内におけるクスリエクスプレス利用者の数はどんどん増え続けているのです。

 

これには、日本の政府のバックアップと目論見も関係しています。それは、医療への国の負担の問題です。少子高齢化のあおりで、日本の財政はとてもひっ迫していることが知られています。

 

病院で処方される医薬品の価格のほとんど国が負担していることになっています。これにより、負担がどんどん増えてきているのですが、個人輸入で購入する薬に関して、国はお金を出す必要がありません。そのためにどんどん個人輸入を利用して国民に病気の治療と予防をしてもらった方が、財政は助かるというのです。

 

このようにくすりエクスプレスでは、便利なものを安く購入できるだけでなく、日本の医療費負担の問題も解決するかもしれない、大きな役割を担っています。

 

私も良くくすりエクスプレスを利用していますが、健康の維持にはとても役立っていると感じています。また、精力剤などで性生活が充実してくると、小さなストレスぐらいでは参らない穂と心が充実してくるものです。

くすりエクスプレスの注文方法

ネット通販を利用してくすりエクスプレスでは注文することができます。ホームページから欲しい商品を探し出して、あとは注文数、配送先情報、支払方法などを取り決めて、送信するだけです。

 

クレジットカード決済を選んだのなら、すぐに商品発送の手続きが開始されます。それ以外の支払い方法としては銀行振り込みを選ぶことができます。

 

初めてくすりエクスプレスを利用される方は、クレジットカード決算も銀行振り込みもハードルを感じてしまうかもしれません。くすりエクスプレスで購入することに踏ん切りがつかない場合には、少しだけの金額の商品を購入して銀行振り込みされてみてはいかがでしょうか?

 

それなら、もしも騙されていたとしても、その時だけで納めることができるからです。クレジットカードの番号をだまし取られてしまうと、その後の対応がたいへんだからです。

 

私自身は何度もくすりエクスプレスに注文しているので、信頼していますが、初めて利用しようと考えている人には、なかなか信じてもらうことができない話でしょう。

 

くすりエクスプレスの注文方法について説明しましたが、入力作業自体は、国内のネット通販と何ら変わりもありません。また商品の説明も日本語で行われているので、簡単に注文を済ませることができます。

くすりエクスプレスは、個人輸入代行サイト

個人輸入には細かな決まりがありますが、ここではその取り決めについて細かく説明したいと思います。くすりエクスプレスでの取引はすべてこの個人輸入に当てはまります。

 

中には、くすりエクスプレスを利用することは、違法ではないかという意見もあります。しかし、くすりエクスプレスは注文代行業務としているだけであり、直接的に商品を売買しているのではないので、これには当てはまらないと解釈されています。

 

医薬品・医薬部外品、化粧品などを輸入して販売するには、輸入販売業のライセンスが必要となります。くすりエクスプレスを利用される方には、このライセンスをお持ちでない方は、商品を転売したりしてはいけないこととなっています。

 

また、税関の考え方も、これらの商品が転売譲渡するためにものでないこと、商品の注文数が個人で使用する1か月分を超えないこと、注文者自身が使用することが目的であること、これらの条件を満たしていれば、くすりエクスプレスを利用して個人輸入することは認められているということです。

 

簡単に言い換えると、くすりエクスプレスで個人輸入をするときに、一度に注文する量に気を配り、購入した商品を自分自身で使用するようにすれば大丈夫だということです。

 

また、個人輸入の取引によっておこった問題は、すべて注文者が責任を置くことが決められています。

更新履歴